忍者ブログ
童話、イラスト、物語だけを語ります。 個人的なことは書きません。 純粋に物語だけのブログです。
  カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  フリーエリア
  最新コメント
[10/17 ネリム]
[06/20 さいか]
[06/17 七瀬 夏葵]
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
佐井花烏月(さいかうづき)
性別:
女性
職業:
一応漫画家?
趣味:
漫画を描く事
自己紹介:
佐井花烏月(さいかうづき)ともうします。

ここのブログでは
イラスト付童話や小説を制作していこうと思ってます。

  バーコード
  ブログ内検索
  お天気情報
  カウンター
  カウンター
  エンブレム
ブログの評価 ブログレーダー
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25]
2018/11/16 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/04/10 (Sun)
 ドアを開けると車内のライトがついてその男の人の顔が分かった。

「あ!あなたは!」
その顔はホストクラブの店長だった。
「おや?きみは面接にきた…」



ホストクラブの店長の真一郎さんは三五歳
高級マンションに住んでいた。

すずさんと住んでいたアパートなんかと比べ物にならない程の立派な住まいだった。

一言でいえば白亜な宮殿の一室って感じだ。
テレビで
『ホスト特集!女の金でリッチな暮らし!?許せますか?』
で観た通りの高級マンション…
この人はどのくらい女を泣かせてきたんだろう…
やっぱり悪い人なのかも…と考えをしてしまった。

けれど、今目の前で、高そうなソファーまで抱えてもらって座らせてもらい、足の手当てをしてくれている。

そんなに悪い人じゃないのかも知れない。
ちょっと顔見知りなだけの僕を丁寧に手当てしてくれて優しい。

もし、僕が女だったらやっぱり惚れてしまうかもしれない…
湿布を貼って包帯を丁寧にまいて、僕にニッと微笑んだ。
なんだか、不安な気持ちを吹き飛ばしてくれる笑顔。
つられて、かたい表情だった僕も頬を緩めた。

「よし、これで大丈夫だ。ちょっと着替えてくるから、そこで待っていてくれ」
ミルクをカップに注ぎレンジに入れ、自室に入っていった。
待っている間、何もすることがないので、部屋をぼーっと眺めていたが、奇妙なモノが目に飛び込んできた。

室内は白を貴重としたシンプルなものだけど、所々に子供の玩具が散らかっていた。
なんで、おもちゃなんかが落ちてるんだろう?
ふと隣を見ればウサギの縫いグルミが…
手にとって持ち上げてよく見てみると、子供の字で「あい」とかいてあった。
 

ウサギの名前だろうか?

「やあ、待たせてすまなかったね」
「あ、いいえ…」
真一郎さんは意外に早く着替えて来た。
しかもミルクを暖めていたレンジが調度チーンと鳴った。
真一郎さんはスーツを脱いでシャツのボタンを適度に鍛えた胸が見える位あけたラフな格好で戻ってきた。
カップを持って正面に座り、僕にカップを進めてくれた。

「あ、ありがとうございます」

手にしていた縫いグルミをもとの場所に置く。
けれど、その縫いぐるみが気になる…
なので、

「この、ぬいぐるみ可愛いですね」

遠回しに聞いてみたつもりだけど、露骨だったかも知れないと反省。

「ああ、可愛いだろう?」

真一郎さんは頭をかき苦笑した。
真一郎さんの趣味というわけでも無さそうだが、もし趣味だったら恐い。

「うちの子の玩具だよ。散らかっていて恥ずかしいな」
「こ、こども?」
「うん。男女の双児のシングルファザー」

もしかして、『これはあなたの子供よ!』

とか言われて押し付けられた子供とか?
無駄なことを勘ぐっているのを察したのか、真一郎さんはクスクスと笑いながら説明してくれた。

「違うよ、とっても愛していた妻の忘れ形見。妻は一昨年死んでしまったんだ。」





拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *