忍者ブログ
童話、イラスト、物語だけを語ります。 個人的なことは書きません。 純粋に物語だけのブログです。
  カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  フリーエリア
  最新コメント
[10/17 ネリム]
[06/20 さいか]
[06/17 七瀬 夏葵]
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
佐井花烏月(さいかうづき)
性別:
女性
職業:
一応漫画家?
趣味:
漫画を描く事
自己紹介:
佐井花烏月(さいかうづき)ともうします。

ここのブログでは
イラスト付童話や小説を制作していこうと思ってます。

  バーコード
  ブログ内検索
  お天気情報
  カウンター
  カウンター
  エンブレム
ブログの評価 ブログレーダー
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17]
2018/09/20 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/01/13 (Thu)
りさいずふろうしゃかいと




僕、網田カイト一枚の上着をあまよけにして寒さに凍えて、
路をゆく人をただ見つめながらズボンもびしょぬれになっても雨がたまったアスファルトの地面に座っていた。

皆僕を変な目で見る…

当たり前だ

僕は浮浪者だ。
しかも十六歳で普通なら学校に通っている年ごろだ…

だけど僕には行くあてがなくてとても孤独だった…

(おなかすいたな…とても寒い…このまま死んじゃうのかな…)

はぁ・・・っと溜息を吐く。

その息がもったいなくあってついでに手も温めてみる。

それでも寒い…

もっと…もっと溜息みたいな息を吐き手を温め続けた。
寒さを感じるのは体だけじゃない

孤独だ・・・
寂しい・・・

そう思っていた
その時、ただ見つめていただけの視界を遮られた。

逆に不思議そうに此方を見つめてくる。

「君どうしたの?こんなところにうずくまって寒いでしょう?」
と優しく声をかけてくれた。

心配してくれている…

腰をかがめて、僕を自分の傘に入れてくれた。

肩までの短い癖っ毛の髪が傾げた時に
さらりと斜めに流れた。

幼さが少し残る綺麗なお姉さんだ。

声と同じ優しい表情。

「良かったら、私の家においで・・・ね?」
でも少し困ったような、迷子の子供を慰めるように優しく微笑んでそういってくれた。


「…っつ」

その言葉と声の温かさで僕の頬から涙が伝って、言葉に詰まる。



であい


急に心が温めれたせいか、涙が止まらなかった…
冷たかった心が溶かされて体から出た感じの涙…

「変なことしないからね、あんしんしてねって
泣かないの!
私が泣かせたみたいじゃない~~」


彼女は今度は本当に困惑し驚き、冗談を言いながら僕を慰めてくれる。

それが
うれしくって・・・って
言葉に出したかったけれど、声に出ないほどうれしかった…



「さ、行きましょう」


手を差し伸べられた…
その手は柔らかくて温かかった…
全てにおいて僕は
この人

すずさんに温められた…

そして半年後…


拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *