忍者ブログ
童話、イラスト、物語だけを語ります。 個人的なことは書きません。 純粋に物語だけのブログです。
  カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  フリーエリア
  最新コメント
[10/17 ネリム]
[06/20 さいか]
[06/17 七瀬 夏葵]
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
佐井花烏月(さいかうづき)
性別:
女性
職業:
一応漫画家?
趣味:
漫画を描く事
自己紹介:
佐井花烏月(さいかうづき)ともうします。

ここのブログでは
イラスト付童話や小説を制作していこうと思ってます。

  バーコード
  ブログ内検索
  お天気情報
  カウンター
  カウンター
  エンブレム
ブログの評価 ブログレーダー
2018/11/16 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/11/09 (Fri)

白鳥に変えられた私

だけど嫌じゃなかった

人間でいるより縛られるものがないから

白鳥の生活になれてしまえばどうということもない

ただ私という存在を感じていられる

だけど



王子に恋をしてしまった

私は貴方に心を縛られる


私ではない私を私だと思い偽りの愛に誓われたくない…


そうよ…

……私は私を一番愛している

そう気づくと自分が情けなくおろかにおもえた…

白鳥である私は自分で呪いをかけている…


愛を誓った姫は本物の姫ではなかった

偽りの誓いを僕はしてしまった

王子の私は皆のまえで恥を晒した

父母の前で悪魔の娘に愛を誓うなど前代未聞だ

皆私を愚かな王子と見るだろう

白鳥の姫だって僕に失望しただろう

プライドが許せない

そんな僕に悪魔は言う

白鳥の姫の呪いはお前には解けない

姫に初恋を抱き愛せるものでなくてはならない

恋を知らぬおろかな王子に姫の呪いを解くことはできぬと


たしかに僕は恋をしらない

人の姿に戻った姫にときめいたがこれが恋だったのだろうか…
あっさり愛を告げるほど姫を愛してただろうか

ただ皆から一人前だと思われたかった

ただの娘を嫁にしたくはなかった

白鳥の姫と出逢って呪いを解ければ
名声も美しい姫も手に入るとの欲望だけだったのだ


改めて気づけば僕は悪魔が言うように
なんておろかな王子
呪いなど解けるはずもない
自分しか愛せないのだから…


自分しか愛せぬのだと呪いが解けず苦しむ白鳥の姫

利己的な王子は白鳥の愛すべきはず姫を悲しい表情でみつめる

ごめん
呪いをといてあげられなくて…

いいのです
分かっていたことだから

ただ自分しか愛せない私がこの呪いを解けなくしているだけ

だけど…

どうしてかしら

貴方が実際に来てくれただけで

今までの悩みなどきえて
ただ貴方が来てくれたそれだけがとても嬉しいのです

幸せなのです

僕も人間だった姫に逢うこと呪いをといて…
めでたく結婚することだけ考えてた

真実の恋や愛なんて考えてなかった

なのに

純白の白鳥の姿の君に僕は心を引かれた

貴女の心がその姿を表しているからだろうね

僕も貴女のような白鳥になっていつまでも君に寄り添いたい…



白鳥の姫を救いにいった王子は

とうとう
帰らない

いや帰りたくないのだろう

地位や名誉に縛られた人間界に…

悪魔は湖の精霊
美しき二人の魂を美しき湖の世界に囲う

美しき白鳥が二羽

互いだけの世界を

いつまでもいとおしく寄り添う…

拍手[0回]

PR
2012/11/09 (Fri)

彼は
帰ってしまう

私より家族が大切
心配になったから

わからないでもないわ

でも

あなたは私のことを愛した時のながさを知らない

わかっていない

大切な家族の元へ帰るなら

もう帰ってこないというのなら

返して差し上げる

愛し合った永い時を


ともに過ごしたときの永さにおどろくがいいわ

つかの間の永遠の恋人へ
私から最後に贈る玉手箱

大切に想うのならば
開けないで大切に持っていて・・・

乙姫は亀に乗り陸へ帰る浦島太郎に微笑みながそう願った・・・

拍手[0回]

2012/11/09 (Fri)
私を求めて
私の髪の毛をつたって

私に逢いに来て…

私は待っているの
貴方の事を…

私を求めてくれる貴方の事を…

けれど

私を求めなくなったあなたは…
もういらない

私もあなたを求めない…

私に最後に逢いに来る貴方を
私は快く迎える

そして

お別れね…

永遠に

私の髪をつたい降りるあなたは

落ちてゆく…

私は長い長い髪をバッサリと切る
貴方との縁を切るように…

求める貴方をあたらしい貴方を思う事で
私は求めるとともに髪が伸びる

私を求めてほしい恋する魔法で…

さあ…
私を求めて…

ラプンチェルは塔の上から星に願い
地上に思いをはせ
貴方を求めている

永遠に恋する塔の上で・・・

拍手[0回]

2012/11/09 (Fri)
月を見る

見つめる

想像する

涙する

遠く月の故郷

地球で生まれ変わり
この地球で幸せ暮らす事が望みだった

記憶が戻ったとき
故郷が恋しくなった

帝の妃になり栄華を誇ることを夢だった


けれど

故郷のほうが恋しくて
遠くにあるから愛おしい

幸せは近くにあったことを実感

そして遠い月を思いかぐや姫は涙する

遠く離れているからこそ幸せな過去を思う。

その思いが故郷へ帰る道をつくった

月の故郷に帰っても

地球の思いでが心に残る

かぐや姫は永遠に想いに囚われる姫

ただ…いまは月で地球の幸せを祈る…

青き星がいつまでも美しく思いであるように

地球からみる月が美しく見えるように・・・

拍手[0回]

2010/01/18 (Mon)
知ってほしい

でも

知られたくない

本当の私を見せたくない

灰かぶりのガラスの靴

本当は透明で綺麗だけれど

気付かれなければ

埃が被り輝きすら無くなった
忘れて捨ててしまいたい靴

そんな私が一夜限りの魔法で輝いた

私だけが王子様の心の中にいられただけで幸せだから

今の私は美しく透明で輝くガラスの靴

その思い出だけで胸いっぱいで
幸せなのです。


ですから
追いかけないで

魔法が解けてしまった私を捕まえないで

美しい私のままの思い出を王子に残しておきたいから

だから

美しくない本当の私を見せたくないのです…

永遠に光り輝けぬ
ガラスの靴のシンデレラを・・・



拍手[6回]

2009/11/20 (Fri)
私は

眠る

美しき姫

いばらに包まれた城で

王子を待つ

でも

もう

若くない

時間がない


現実の私はもう
若くない……

こんな私を目覚めさせる王子は

現れない


現れるとすれば……








狩り忘れた魂は今はいない魔女の呪いによって
茨の城に閉じ込められている


私は死神

大ぶりの鎌を振るい茨を斬って魂のもとへ辿り着く


「姫むかえにきましたよ」



夢の中で
黒いマントに
大きな鎌をもった死神が現れた

黒いマントからのぞく顔は
骸骨ではなかった
金の髪に澄んだ空を思わせる瞳

美しく整った青年だった


拍手[3回]

2009/05/12 (Tue)

お母さまが作られた毒林檎…

…私は喜んでそれを食べよう…
 
罪を滅ぼせるなら 私の所為で

苦しんでいるお母さまを安心させることが出来るなら

いいえ 私は私のために林檎を食べるの 私自身が苦しいから
 
この罪であること自体がくるしみ…
 
自分が満たさせるために人を魅了してこの美しさに溺れさせた

好きだと思いこませて騙して逃げたこと

私を償えるなら喜んで 毒とともに消えるわ…
 
私はお母さまが作られた毒林檎
 
私は喜んで食べようこの私という罪を消せるなら

でも… 消えたのは罪を罪と認める心だけ…
生き返った私はもう怖いものがなくなっていた…

王子の強い愛と権力ですべてのものから

私を守ってくれるから だから二度と反省なんかしない
反省する心が消えてしまったのだから…
 
罪という罪悪感は
毒林檎とともにきえてしまったから 死んでしまったから

毒りんごで 

死んだのは成長のために
必要な反省の心
 
もう反省なんかしない
 
楽しい人生を生きていく
 
白雪姫は毒林檎 毒に毒を重ねて熟れていく……
 




……朽ち果てるまで……

拍手[1回]

2009/05/06 (Wed)

嘘つきな狼に恋をした
好きだった……


あなたが偽善者だって分かってた……


ただ……嘘をついていてほしかった……

私に優しいあなた……


でもあなたは私にとって優しくて愛おしい人の真似をしていただけ……


私は不安で怒りで
あなたに問いただす

あなたの正体を……


知っているの…
悪い狼だって……


ただ

優しいままでいてほしかった……

拍手[0回]

2009/05/05 (Tue)


人魚姫は微笑む。


私は泡になったわけではない。


泡になったふりをして王子と別れた。


王子を好きになったのは確か。

好きだから人になった。

けれど彼は真実を見抜けぬただの人……


そんな人間に恋したことを思い苦笑する。


自分の馬鹿さ加減に?



それとも



恋した思い出を……?

海の泡になり消えた私を悔やむ彼を最後に見たとき


嬉しかった


それだけで満足。



恋したことを後悔しない。

思い出は私の中に……


永遠にしまっておこう。

拍手[2回]

忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *