忍者ブログ
童話、イラスト、物語だけを語ります。 個人的なことは書きません。 純粋に物語だけのブログです。
  カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  フリーエリア
  最新コメント
[10/17 ネリム]
[06/20 さいか]
[06/17 七瀬 夏葵]
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
佐井花烏月(さいかうづき)
性別:
女性
職業:
一応漫画家?
趣味:
漫画を描く事
自己紹介:
佐井花烏月(さいかうづき)ともうします。

ここのブログでは
イラスト付童話や小説を制作していこうと思ってます。

  バーコード
  ブログ内検索
  お天気情報
  カウンター
  カウンター
  エンブレム
ブログの評価 ブログレーダー
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [4] [2]
2018/11/16 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/06/12 (Fri)

……人形には魂が宿る……

宿った魂は遂げられなかった思いをとげなければ天へ昇れない

そんな魂の集まる場所は数多く人形師がいるけれど、特別な人形師にしかかなえられない

大海氏という古来から人形に魂を込めて操る一族しか魂の思いを叶えることができないといわれていた…


「どうして泣いているの?」

暗い部屋の中、明かりを照らすのは丸い格子の中心の位置にちょうど収まった明月だけ。
そしてその部屋の中には幾つもの人形が並べられていた。

十歳くらいの髪を片口で切りそろえられた一見少女にも見える男の子冥月は、菊の刺しゅうを施した振袖を着て

繊細できれいな顔をした死した魂の生前の面影をした人形を見つめ問う。

その人形からは涙がぽろぽろとこぼれている。

特にそういうからくりが仕込まれている人形ではない。
人形に宿った魂が泣いているのだ。

その人形を慰めるように頭をなでながら

「あなたの心残りは何?」

時は江戸という町が東京という名に変わって間もない時代
外国文化が日本に入って街を変えていった頃の話。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *