忍者ブログ
童話、イラスト、物語だけを語ります。 個人的なことは書きません。 純粋に物語だけのブログです。
  カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  フリーエリア
  最新コメント
[10/17 ネリム]
[06/20 さいか]
[06/17 七瀬 夏葵]
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
佐井花烏月(さいかうづき)
性別:
女性
職業:
一応漫画家?
趣味:
漫画を描く事
自己紹介:
佐井花烏月(さいかうづき)ともうします。

ここのブログでは
イラスト付童話や小説を制作していこうと思ってます。

  バーコード
  ブログ内検索
  お天気情報
  カウンター
  カウンター
  エンブレム
ブログの評価 ブログレーダー
[133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125]
2018/11/16 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016/05/05 (Thu)
海岸に夕日に輝く金髪に仕立ての良い服を着た青年は、人では無い恋人に透明なガラスの靴を見せた。
愛しい恋人の足は綺麗で光に輝く長いヒレを持つ魚のしっぽだ。

海に溺れた王子を助けたのが出会い。

いつしか惹かれあった。

毎日王子は愛しき人魚姫に会いに行く。
そして、祖母の宝である魔法のガラスの靴を履いてもらおうと思っていた。
人魚は戸惑う。

母は人間の王子を助けて恋をして、失恋した。
人間である父を助けたのは自分なのにひと夜限りの気まぐれな契のみで人間の姫と結婚した。

いつも微笑み母は後悔していないといった。


自分もそうなるのが怖かった……

そのことを悟ったのか

王子はガラスの靴のことを語る。

魔法使いが作ったこのガラスの靴は真実の愛を導きてくれる靴だと。

アナタの父上は真実に気づくのが遅かったかもしれない。

けれど、僕はあなたを心から愛している。
その証拠にこの靴を履いてみて欲しい。

恐る恐るヒレをガラスの靴に触れると
美しいヒレが人の足に変わった。
ガラスの靴はピッタリと美しい足を包み込み光となって人魚姫の足となった。

人魚姫姫は王子の真実の愛で人間になった。

夕日が罪に沈む。
夕日の影に恋人達の唇が重なった……

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *