忍者ブログ
童話、イラスト、物語だけを語ります。 個人的なことは書きません。 純粋に物語だけのブログです。
  カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  フリーエリア
  最新コメント
[10/17 ネリム]
[06/20 さいか]
[06/17 七瀬 夏葵]
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
佐井花烏月(さいかうづき)
性別:
女性
職業:
一応漫画家?
趣味:
漫画を描く事
自己紹介:
佐井花烏月(さいかうづき)ともうします。

ここのブログでは
イラスト付童話や小説を制作していこうと思ってます。

  バーコード
  ブログ内検索
  お天気情報
  カウンター
  カウンター
  エンブレム
ブログの評価 ブログレーダー
[91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81]
2019/09/23 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/10/30 (Wed)
「ニャー!って言ってないもん!どうして今まで黙っていたの?」

 猫は黙る。
 何か考えているように目を閉じ、暫くして目を開くと同時に耳を一回ぴくりと動かした。

「たぶん、お前がかけた薬を飲んだ所為だな・・・」

 最初戸惑い顔だったジュダの表情が笑顔になる。

「……じゃあ、僕の実験は成功したんだ!やった!!」
「王子さっき黙らせる薬作って失敗したって言ってましたよね?」

 すかさずグレイは王子につっこみをいれた。

「失敗は成功のもとなの!」
 ジュダはさらりと言い換えてしまう。

「本当に我の声が聞こえるのだな……」
 しみじみと嬉しそうにいう。

「うん。その口で、僕のこと侮辱したこともね」
 ジュダは素早く猫をかかげ、グルグルと激しく回転する。
「な!なにをするぅぅぅ!」
「その口許せないから薬をはかせてやる!」
「王子にあんまり逆らわない方が身の為ってことを覚えていた方がいいぞお前」
 グレイは同情したようにその光景を見ている。
 ジュダ王子はプライドをちょっとでも傷つけられると悪戯めいた苛めをしたくなるのだ。
 それをグレイはよく知っている。
「ばか王子!我を、我を誰だと心得る!偉大なる魔王だぞ!」
「魔王~~~?」
 ぴたりと回転を止めて猫を見つめる。
 猫は目をまわしているが口は正常に動くようだ。
「王子なら知っておるだろう?魔力を持ってこの国を治めた王の事を…」
「それって…ジュカ王?」
 ジュダは猫を真剣に見つめて話を聞く姿勢を見せた。
「そうだ……その生まれ変わりが我だ…」

 ……その昔。
 魔力を持った王がこの国を治めていた。
 王はその力を使い近隣諸国を我がモノにしようと企んだ。
 王の名はジュカ。意味は呪歌。
 名の通り、呪文を歌うように操る力を持っていた。
 皆その魔力を恐れた。
 だが、一番その力を恐れたのは自らの民だった。
 民は隣の国の王に味方し王を裏切った。
 そして、魔力を操り国を栄えさせたジュカ王は隣国との戦いに破れ、命を落とした…

 魔力を操る魂は前世の記憶を覚えているという。
 再び生まれ来て復讐を恐れた鈴国の魔術師たちは、復活を防ぐために猫に転生をくり返す呪術をかけた…
というのが、魔王と言われたジュカ王……
 猫の話だった。

 その話を聞いた二人の反応を見てみるが無表情だった。

 ジュダとグレイはその話はとっくに知っていた。
 だいたいが昔話としてよく聞かされた話だから、二人の 反応はふ~んという素っ気無いものだった。

「なにか…質問は?」

 重々しく話したのだが、二人の反応がイマイチなので、味気なさを感じてジュカ猫は問うた。

 ジュダは手をピッと上に伸ばして質問のポーズをとる。

「今も魔法って使えるんですか?」

 目を輝かせてジュカ猫の方をみる。

「今は…使えない」
「なーんだ。喋れるだけの珍しい猫になっただけジャン!つまんない」

「王子つまんないとかそう言う問題なんですか?
喋れるだけでもたいした者じゃないですか。
この猫が伝説の魔法ってのはとにかくとして」

「人の姿をしていたら…お前達を儀式の贄にしてるところだな……」
 怒りを込めた声でジュカ猫はいう。

「じゃあ人間だったら…魔法を使えるようになるっていうの?」

 ジュダ王子は疑い深気なめでジュカネコを見下ろす。

「ああ…私の魔法は手で印を結んで唱えるものだからな。人の複雑の手じゃないと魔法は使えぬ」

 魔法にもいろいろ方法があって、魔王は印を結んで魔法陣の変わりにし、精霊をあやつる魔法などを使ったらしい。
 だが、昔話程度にはその事は語られていない。
 それに猫ごときがそこまで知るはずもない。
 今まで、自称ジュカ魔王猫の知識は人から聞いた物だと思って疑っていたが、その事まで知っているなら信じてもいいかも知れない。

「ふ~ん…じゃあ!人間になる魔法の薬を作ればいいんじゃないかな!?」

 ジュカ猫の言葉を信じたらしい王子にグレイはぎょっとする。

「王子!本当に猫のいうこと信じてるんですか?」

「ホントにジュカ魔王さまなら人間になる薬の作り方くらい知ってるよね?」

「ああ…知っているとも……」
「もし、人間の姿にしたら、僕に魔法を教えてくれる?そしたら人間にする薬を作ってあげる!」

 猫はピクっと耳を動かしてジッとジュダ王子を見つめ、しばらく考えてから、ニヤリと笑ったふうなネコの表情をつくり、答える。

「いいだろう。魔薬は教えた通りにすれば出来るものだからな……人に戻ったあかつきに呪術のすべてを教えてやる」
 ジュカ猫は目を細めて承諾したが、シッポは左右に振っていた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *