忍者ブログ
童話、イラスト、物語だけを語ります。 個人的なことは書きません。 純粋に物語だけのブログです。
  カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  フリーエリア
  最新コメント
[10/17 ネリム]
[06/20 さいか]
[06/17 七瀬 夏葵]
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
佐井花烏月(さいかうづき)
性別:
女性
職業:
一応漫画家?
趣味:
漫画を描く事
自己紹介:
佐井花烏月(さいかうづき)ともうします。

ここのブログでは
イラスト付童話や小説を制作していこうと思ってます。

  バーコード
  ブログ内検索
  お天気情報
  カウンター
  カウンター
  エンブレム
ブログの評価 ブログレーダー
[96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86]
2019/09/23 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/10/30 (Wed)
ジュダ王子の金髪だった髪が、亜麻色…きらめく星を散らしたように輝く魔力の光を宿した髪…それは魔法使いの証。

「僕を導く者はいないんだ…こういう命に関わる時にしか発動しない…
 僕を殺そうとした者も、僕の無意識の力で消してしまった。
 この力を制御できる方法を教えてほしいんだ・・・!
 そして、この力を民の為に役立てたい!」

 ジュダの印象としたのほほんとした顔ではなくて真剣に悲しそうな表情でジュカに訴える。

「……その力を持っているなら…また我と同じことをくり返すことが多くなるではないか、ごめんだ!
 魔王の復活なんぞ・・・」
ジュダには魔力も何もないと思っても、自分と似ているところがあるし、早いうちに芽をつぶしてしまおうと思った。
 魔力があるならきっと過ちを繰り返す。
 自分と同じように力に溺れるではないか。
 けれど、少しジュダが無事で安心している自分がいて自分自信にも戸惑っている。

「だから、僕は王位敬称権がないっていってるじゃない。 だけど民のみんなに僕の魔力を認めてもらいたいと思ってたんだ…・・・ジュカが言った『皆を助けるなんて傲慢』って言葉はそうだなって思った。
 それが傲慢につながるなら、本当に困っている人だけを助けることにする」

 そう拳をつくって空を見てジュダは決意した。

 決意されてもこっちが困るとジュカ猫は思った。


「ジュカがやって後悔したことは自分もしたくない」
ジュダは岬にトンっとつま先を着けると風はおさまった。
金髪に戻る。

「まずは、君を人間の姿に戻して、僕を救くうことから始めよう。
…後悔はやり直すことで希望に変わると僕は思う。
 そして僕にも希望をちょうだい?いいでしょ?」
 無邪気に明るく屁つら笑いでそう言うジュダの言葉にジュカ猫は苦笑した。

「お前…民のため、我のため言って置きながら…自分の為の事しか考えてないな」

 ジュダはそんなつもりはなかったけど、考えてみたらそうかも知れない。

「自分がちゃんとしないんじゃ本当に他の人の望みも叶えられないでしょ?」

「へらずぐち……」といい鼻でフンと笑う。

 不安な気持ちで成り行きを遠くで見守っていたグレイのもとに、人間にする材料を持ってジュダとジュカ猫はどこか打ち解けた雰囲気で戻ってきた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *