忍者ブログ
童話、イラスト、物語だけを語ります。 個人的なことは書きません。 純粋に物語だけのブログです。
  カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  フリーエリア
  最新コメント
[10/17 ネリム]
[06/20 さいか]
[06/17 七瀬 夏葵]
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
佐井花烏月(さいかうづき)
性別:
女性
職業:
一応漫画家?
趣味:
漫画を描く事
自己紹介:
佐井花烏月(さいかうづき)ともうします。

ここのブログでは
イラスト付童話や小説を制作していこうと思ってます。

  バーコード
  ブログ内検索
  お天気情報
  カウンター
  カウンター
  エンブレム
ブログの評価 ブログレーダー
[90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80]
2019/09/23 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/08/15 (Thu)
どうして僕は、皆から避けられるの……?
 僕は………じゃないのに……
 また昔の夢を見てる…みんなが僕をおそれてる・
 またくり返すんじゃないかと…
 何を繰りかえすというの…?
 
 ある国に『魔法使い』に憧れる王子様がおりました
 
 
 ジュダ王子は城で見つけた魔法の研究室に入り浸り薬の調合をしている。
 
 今年で十四歳になる末の王子は深い海の色の瞳に癖毛かかった金色の髪は長く頭の天辺に縛り上げている、一目で身分のあるものだとわかる品性が漂っていたが、その姿は黒いローブ身を包み、まるで魔法使いのようだ。
 
 手にした瓶の液体は綺麗な紫色。
 けれど、ぐつぐつと煮えて気泡を上げる様は毒薬にも見える。
 
 そのなかに最後の調合薬を入れようとスポイトで吸い上げた時、後ろで机の上にあったビンが割れる。
 
「バカ猫がっ!よくも引っ掻きやがって!!懲らしめてやる!」
 
 王子の近衛を務めるグレイは猫に手を思いっきり引っ掻かれ、この研究室を住まいにしていた、ネコを本気になって追い掛ける。
 彼は長身で細身の体格だが近衛だけあって運動神経がよくまだ少年らしさが残るが凛々しい顔立ちをしてる。
 そんな彼の顔には猫のひっかき傷が三本赤い線になっていた。
 
 猫を捕まえようと広いが書物や薬瓶がひしめき合う部屋を遠慮なしに走り腰にさしている剣が壁にあったモノをひっくり返す。
 
 猫も棚に登って、ところ狭しと置いてある薬の瓶を遠慮なく落として計算したようにグレイの頭にぶつけるのだ。
 この研究室を見つけて以来何時ものことになりつつあるのだが、いいかげんジュダ王子も怒りを覚えていた。
 
「うっるさいっ!」
 
 そう怒鳴ると、今作っている薬を瓶に素早く入れてグレイと猫めがけて、投げ付けた。
 
「なっ!何するんですか王子!飲んじゃったじゃないですか!何かヤバい効果とか、ヤバいモンなんじゃないでしょうね!?」
 
 薬をかけられた事にグレイは恐怖を覚えて蒼白な顔で王子に詰め寄る。
 
 ジュダはその言葉を聞いて、うむ~と顎に手を置いて真剣に何かを考えてる風で
 
「黙らせる薬は失敗におわちゃったかぁ…」
 
 最後に、ちっ!と舌打ちした。
 
「だ…黙らせる薬って…どういう……?」
「だってネコとグレイうるさいんだモン!
どうして失敗しちゃったんだろー?」
 
 悪びれもせずにジュダはむしろ自分の失敗に腹が立っている。
 口調は子供で冗談のように聞こえるけれど、そう言う時こそジュダは本気の時が多い。
 
 そんな王子にグレイは頬をひきつらせ訪ねる。
 
「成功した時の対処法も考えましたか…?」
「え……?必要あるの?」
「お…王子…」
 
 グレイはそのまま黙ってしまった。
 ジュダの無責任発言に、効果があったらしい。
 
「また失敗か?いい加減に、自分の才能に気づけバカ王子」
「グレイ……?」
 
 ジュダはグレイを睨むが、けして俺じゃない!と必死に顔と手を動じに横に振る。
 
「確かに、グレイにしては透き通るいい声してたよね?」
 
 辺りをキョロキョロと見渡してみる。
 ここには自分とグレイと猫しかいない。
 
「ん?…もしかして……猫が喋っ…た?」
 
 ネコを注目する。
 横にしていた体をシャンとして座りジュダを見返した。
 
「私が喋ったのが、分かるのか?」
 猫は口を細かく動かしてそう喋った。
 ジュダとグレイは一瞬時が止まった。
 
「ええええ!!?猫!?」
 
 ジュダは時が動き出すとに大声で叫び猫の両脇を捕まえ抱き上げて見上げる。
「お前、喋れるのか!?」
「猫としては喋っていたが…人の言葉に聞こえるのか?」
猫も驚き問い返す。

★続く★
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *