忍者ブログ
童話、イラスト、物語だけを語ります。 個人的なことは書きません。 純粋に物語だけのブログです。
  カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  フリーエリア
  最新コメント
[10/17 ネリム]
[06/20 さいか]
[06/17 七瀬 夏葵]
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
佐井花烏月(さいかうづき)
性別:
女性
職業:
一応漫画家?
趣味:
漫画を描く事
自己紹介:
佐井花烏月(さいかうづき)ともうします。

ここのブログでは
イラスト付童話や小説を制作していこうと思ってます。

  バーコード
  ブログ内検索
  お天気情報
  カウンター
  カウンター
  エンブレム
ブログの評価 ブログレーダー
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
2019/09/23 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/06/05 (Sun)
  僕たちがもめている間にすずさんの隣に親し気に座って話している。
 僕のことを話してくれているのだろうか?

「あ~あ~先越されちゃったよ~。すずさんマスター好きだからな~マスター目当で来てるようなものだし…」

「え?すずさん…真一郎さんをスキ………?どういう事ですか?」

ヒカルさんは不敵ににんまり微笑むと説明してくれた。

「すずさんの初恋はマスターなんだよ」
「えええええ!!!っいててて!」

大声をあげる瞬間、僕の口を塞ぐではなく、鼻をつまんで制した。
なんか、この人ふつうの感覚が違う…

そういえば、すずさんの様子がちょっと、お淑やかに見える…照れてるような…
そんなすずさんを優しく見つめる真一郎さんは温かい感じがする……
 
「すずさんはマスターの奥さんそっくりだしね。そのうち、くついちゃうんじゃないかな?」

ヒカルさんは祝福するように言った。
……ヒカルさんの態度なんだか変だ。
自分の恋人なのにそんな風に言うなんて。

「ヒカルさん恋人じゃないんですか?」

その疑問を口に出していったら、ヒカルさんはハッとした表情をし、悪戯がばれちゃった子供のような感じで白状した。

「ウ~ン…そうみたいっていうか、どうして、オレとすずさんが恋人同士って事になったんだ?」

なぜだが、逆に質問された。
「だって…キスしてたし……?」
一昨日の行為を忘れたのだろうか?

「そんなことした覚えないぞ?」
「僕見たんです。あそこの応接の影で、すずさんとキスしてたじゃないですか!」


ヒカルさんは、は~んと、指を顎に当て理解したように頷いた。

「角度的にそう見えただけだろう?」

だが、納得できないここから見る真一郎さんとすずさんだって離れてみえる。
僕は疑いの目をすると、ヒカルさんはフッと微笑んで、

「それに…」
「え?」

突然、僕の顎を掴むとまじかに顔を近付けてきた!

「お前が見たのはきっと、こうしてるところを見たんだよ」
うわ!やっぱりキスするんじゃないか!っと思ったら。
どこからかもっていたのか、アイライナーを僕の目の上に素早く塗った。

「な…なに?」

衝撃的で意外な答えだった。

「すずさんパソコン疲れで目の上こすって、化粧が落ちちゃったのをなおしてあげたんだよ。すずさん化粧っけないから、おれが指導してあげてるのっ」

「でも、なんで紛らわしい顔の上げかたなんかするんですか?」


「女、お落とすテクニック、癖でそうやっちゃうんだよ。もしも、落ちたらラッキーじゃん?」
そういう、軽いノリがホストっぽかった。
そんな人にすずさんを奪われたくないと本気で思った。

でも、すべては僕の勘違いだったんだ…ヒカルさんは別に恋人じゃなかったんだし、キスもしてなかった…僕が嫉妬しただけ……はぁ…

だが…ライバルは灯台下暗し!

真一郎さんがライバルだったなんて!
二人を見るとなんか、すずさんが舞い上がってる様に見える……
真一郎さんは愛してるのは奥さんだけって言ってたから、すずさんの片思いなんだろうな……

そして新たな意外な三角関係が成立してしまった。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *